> ニュース > 会社ニュース

ディスクプラウの正しい使い方は?

2024-01-24


1. トラクターは、ディスクプラウの吊り下げに使用する前に、ユーザーマニュアルに従って検査および保守する必要があります。トラクターと連結する場合は、作業スペースが限られているため、安全性に特に注意を払う必要があります。サスペンションポイントに近づくときは、圧縮による人身傷害を避けるために、トラクターを確実に停止してください。

2.ディスクプラウを使用する前に、使用前の指示に従って注意深く検査し、メンテナンスする必要があります。

3.機械のユニバーサルジョイントトランスミッションシャフト、プラウブレード、ギアボックス部品を検査するときは、電源を遮断する必要があります。部品を交換する必要がある場合は、ディスクプラウ全体に適切なパッドを付けてから、エンジンを停止する必要があります。エンジンを切る前に部品を交換することは固く禁じられています。

4.ユニバーサルジョイントの開先角度は、運転時は10°を超えてはならず、地上回転時は30°を超えてはなりません。長距離の輸送搬送を行う場合は、トラクタ動力出力軸に接続されている自在継手伝動軸を取り外し、ディスクプラウを最高位置まで上昇させてください。トラクターに力調整位置調整機能付きの油圧サスペンション機構が付いている場合は、下降速度調整バルブをしっかりと閉める必要があります。トラクターが分割油圧サスペンション機構を備えている場合は、シリンダーピストンロッドの位置決めクランプを最も低い位置に固定する必要があります。

5.動力出力軸を地中に差し込んだり、無理に地中へ押し込んだりすることは厳禁です。

6.作業中や輸送中は、重量物を積み重ねたり、ディスクプラウの上に立つことは禁止されています。

7.作業中は、飛散土による人身傷害を防ぐため、ディスクプラウの後ろや周囲に立つことを禁止します。

8.自在継手ピン、十字軸止め輪の定期点検に注意してください。事故を避けるため、損傷した、または技術的状態が劣悪なユニバーサル ジョイントの取り付けおよび使用は禁止されています。

9.作業中に異常を発見した場合は、直ちに車両を停止させて点検し、異常を取り除いてから作業を続けてください。

10.ディスクプラウはトラクターの動力によって駆動されるため、ドライバーは特に警戒し、危険を回避するために必要な場合には動力を遮断するよう常に注意を払う必要があります。

駐車するときは、ディスクプラウを地面に降ろす必要があり、駐車のために吊り下げないでください。

安全標識を紛失したり、不明瞭になった場合は、適時に交換し、指示に従って所定の位置に貼り付けてください。


We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept