> ニュース > 業界ニュース

使用中に干し草レーキを調整するにはどうすればよいですか?

2024-03-01

干し草レーキを使用する場合、必要に応じて調整を行う必要がありますが、どのように調整すればよいのでしょうか?干し草レーキが作動しているときにどのような調整を行う必要がありますか?それでは、干し草レーキの使用を調整する方法についての紹介を見てみましょう。


1. 芝ストライプ幅の調整

グラスストリップの幅はベーラーのピッキング幅に基づいて決定する必要があります。ベーラーの摘み取り幅が大きい場合は、干し草レーキの草ストリップの幅を大きくする必要があります。湾曲調整板で左右のメインビームの位置を調整し、回転ビームの角度を変えると芝の幅も変わります。


2. 歯で地面を掴む力の調整

干し草レーキ歯の着地力が強すぎると、干し草レーキ歯の耐用年数が短くなります。着地力が小さすぎるとストローがきれいになりません。歯の着地力の調整は引張バネの張力によって完了し、張力調整板に掛けられた引張バネの位置を変えることで調整目的が達成される。


3. 作業位置から輸送位置への調整

干し草レーキが畑で作業しているとき、畑内で短距離移動する必要がある場合は、レーキのプルロッドスリーブをピンで固定して一体型の持ち上げツールを形成できます。


干し草レーキを長距離輸送する必要がある場合、装置を輸送位置に調整する必要があります。調整方法は以下の通りです。

1) プルロッドスリーブからロックピンを取り外し、トラクタの油圧機構を操作してフレームを下げます。このとき、プルロッドはプルロッドスリーブの位置で上昇しますので、ロックピンを使用して位置を固定し、スプリングピンを取り付けます。すると、引っ張りバネが機能しなくなります。

2) 次に作業機を持ち上げ、長短ベンディングピンを外し、ロッカーアームを調整プレートの 4 番目の穴まで回して、短いベンディングピンで固定します。長い曲げピンを外し、回転ビームを 90 度回転させ、さらに長い曲げピンを使用して固定します。この時点で、曲げビームは下降しており、輸送位置の変換は完了です。


4. 輸送位置から作業位置までの調整

干し草レーキを圃場に輸送した後、輸送位置を作業位置に変更する必要があります。このとき、左右のロッカーアームの位置を変えて、レギュレーションプレートの3番目の穴にピンで固定し、その後2本のメインサポートを寝かせて長い曲げピンで固定する必要があります。工作機械を下げ、固定ロッドのピンを取り外し、工作機械を持ち上げると、引張りバネが機能し、フレームの高さが支柱に収まり、この時点で作業位置に達します。


5. 干し草レーキの歯の交換

歯が壊れた場合は、適時に新しい歯に交換する必要があります。交換方法は、壊れた干し草の歯のプレッシャーブロックボルトのナットを外し、壊れた歯を取り外し、新しい干し草の歯をホイールリムの穴に通し、干し草の歯のフックを振幅プレートに置きます。 、圧力ブロックを取り付けてからナットを締めます。

We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept