> ニュース > 業界ニュース

ディスクハローの正しい使い方は?

2024-03-08

1. ディスクハローを使用する前に、締め付けボルトとナットが緩んでいることを確認し、緩んでいる場合は増し締めする必要があります。

2. ハローブレードのエッジの厚さは 0.5 mm 未満、エッジの欠陥の長さは 15 mm 未満、欠陥上のハローブレードは 3 を超えてはならず、直角軸は欠陥がなく真っ直ぐである必要があります。

3. 角シャフト端ナットを締め付け、ロックし、シートを掻き出すとガタつきがありません。そうしないと、ハローシートの内側の穴が角シャフトを丸くかじってしまいます。

4. 作業中、ディスクハローの修理、点検、調整は禁止されています。ディスクハローを使用してトラクターを操作する場合は、急旋回や後進を行わないでください。ヒッチ付きディスクハローで旋回または後進する場合、実行する前にハローを上昇させる必要があります。

5. 作業するときは、土壌の質、区画のサイズ、形状、および農業技術の要件に基づいて、適切なハロー方法を選択する必要があります。



一般的に使用される方法は次のとおりです。

1) 背型ハロー工法。耕起の代わりにレーキを使用したり、浅く耕して切り株を除去するのに適しています。

2)クロスハロー工法 広い畑の耕起後のハロー作業に適しています。


We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept