> ニュース > 業界ニュース

土づくりにサブソイラーを使用するとどのような効果がありますか?

2024-03-19

1.土づくりにおけるサブソイラーの使用は、土の構造を改善する上で重要な役割を果たします。

深くほぐし、土壌を準備することにより、機械は土壌ブロックを破壊し、土壌粒子をより繊細にし、土壌の多孔性を高めることができます。これらの細孔は水とガスを収容して保持することができ、水の浸透と根の成長に有益です。さらに、深い緩めと土壌の準備により、土壌のかさ密度が向上し、土壌の圧縮が軽減され、土壌の浸透性と保水能力が向上します。したがって、このサブソイラーによる深いほぐしと土づくりにより、土のふわふわ化を促進し、土の構造を改善することができます。


2.土づくりにサブソイラーを使用することも、地力の向上に重要な役割を果たします。

深いほぐしと土壌の準備を通じて、機械は土壌中の有機物と土壌粒子を完全に混合し、有機物の分解と変換を促進し、土壌の肥沃度を高めることができます。さらに、深くほぐして土を整えることにより、土の中の硬い塊を分解し、土中の栄養素をより均一に分散させることができます。このサブソイラーによる深いほぐしと土壌の準備により、土壌の肥沃度が高まり、作物にとってより好ましい生育環境が提供されます。


3.土づくりにサブソイラーを使用すると、土の透水性が高まります。

ゆるく耕すことにより、土壌の空隙率が増加し、土壌の透水性が向上します。そうすれば、雨水がより早く土壌に浸透し、水の損失や土壌浸食のリスクが軽減されます。また、土壌の通気性も向上し、根による水分の吸収と呼吸が促進されます。したがって、このサブソイラーによる深いほぐしと土壌の準備は、土壌の透水性を高め、土壌の保水能力を向上させることができます。

We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept