> ニュース > 業界ニュース

肥料散布機の分析

2024-03-22

肥料散布機は主に、耕うん前の元肥、播種後の耕作、草地や牧草地での種子や肥料の散布、コンパクトな構造、用途、高い生産性などに使用されます。栽培者が肥料を配達および分配するために設計された機械。安定した肥料やその他の肥料を直接ビンに入れて散布することができます。固形肥料や泥状肥料を均一に圃場に散布できます。

糞投げ車両の市場需要分析 市場需要分析部分:環境保護と農業生産の分野における重要な機器としての糞投げ車両は、市場で高い需要を持っています。これは次の領域に反映されます。

1. 農地施肥のニーズ: 農地施肥における肥料散布機は、かけがえのない役割を果たします。農業生産の発展と近代化に伴い、肥料の需要はますます高まっているため、肥料散布車両は現場で大きな市場需要を持っています。

2.2.家畜の需要 廃棄物処理:畜産の拡大に伴い、廃棄物処理が重要な問題となっています。肥料散布機は家畜の排泄物を効果的に有機肥料に変換し、畜産農家の廃棄物処理ニーズに応えます。

3、都市の衛生ニーズ:都市化の継続的な進歩に伴い、都市の衛生業務はますます注目されています。投尿車は都市部の衛生作業において下水やゴミ、汚泥などの清掃ができるため、都市部の衛生分野でも一定の需要があります。

肥料トラックの応用:

肥料散布機はグリーン農業発展の鍵であり、肥料の処理を促進することができます。当社の肥料散布機は、トラクターを動力とし、肥料の種類に応じて発酵させた肥料・堆肥を畑に戻す新しいタイプの農業機械です。運転時には流量調整弁を低圧に調整します。速度、装置を使用して実行した後、速度は徐々に増加し、さまざまな肥料の輸送速度が実験で見つかりました。操作は簡単で速く、肥料は均一に散布され、実用新案は労働強度を軽減し、時間を節約します。人件費が削減され、労働効率が向上します。


家畜・鶏糞尿の処理と資源化を促進するには、地域の実情に応じて合理的かつ実行可能な処理方法を選択する必要があります。化学肥料が長期間にわたって土地に施用された結果、土壌は一部の栄養素が著しく欠乏し、土壌が硬くなり、農作物の品質に影響を及ぼします。したがって、土壌と作物の品質を改善するには、大量の有機肥料や農場肥料を施用する必要があります。以前は、肥料のほとんどはカートで畑に運ばれ、小さな山に均等に積み上げられ、シャベルで運ばれるか、カートに沿って広げられていました。この方法では労働生産性が低く、施肥が不均一になります。肥料投下車の適用により、労働生産性と肥料の品質が向上し、不均一な施肥現象を回避できます。作物の収量が向上するだけでなく、局所的な土壌硬化の問題も克服されます。庶民の農業コストを節約します。


We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept