> ニュース > 業界ニュース

植物防除機械の選定ガイドライン

2024-04-19

一般に噴霧機械として知られる植物保護機械は、主に農薬を噴霧するために使用されます。農家の方々が歓迎してくれました。


そこでこの記事では、植物保護機械を選択するためのガイドラインを紹介します。


1. 管理対象(病害虫、雑草)の危険特性、施用方法、要件を理解する。例えば、病害虫の発生場所や植物に被害を与える場所、薬剤の剤形、物性や投与量、散布方法(粉体散布、スプレー、エアゾール等)、噴霧量が一定か少量か、など。植物保護機械のタイプを選択するための超低圧。

2. 管理対象の圃場の自然条件と、それに対する選択した植物保護機械の適応性を理解する。たとえば、平野か丘陵か、畑地か水田か、果樹の大きさ、植物と列の間隔、樹木の間隔など、選択した機器の圃場作業への適応性を考慮した圃場の整地と計画。操作性、果樹間の通行性など。

3.作物の栽培と成長について理解する。例えば、作物の高さと密度、散布が苗期か中期から後期か、必要な農薬散布面積と密度、果樹の樹冠の高さと大きさ、散布の性能の有無(選択された植物保護機械のコンポーネントは、予防と制御の要件を満たすことができます。

4. 選択した植物保護機械の運転中の安全性を理解します。たとえば、水や薬品の漏洩はないか、作業者への汚染はないか、作物に農薬被害が生じるかどうかなどです。

5. ビジネスモデルや規模、家庭請負や一括運営などの経済的条件に基づき、予防管理エリアの規模や必要な生産性、購買力、機械の運転費用負担能力(農薬、給水、燃料や電気、人件費など)、人間用機械か動力機械の選択、および機械のサイズを決定する必要があります。

We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept