> ニュース > 会社ニュース

ディスクプラウとディスクハローの主な違い

2024-01-29


ディスクプラウ:

1.1 動作原理
ディスクプラウは、主にターンテーブル、プラウブレード、ホールディスクで構成される、さまざまなサイズのプラウディスクのセットで構成されています。その動作原理は、回転するプラウディスクを通して土壌を逆に切り込み、耕起状態を形成することです。
1.2 利用範囲
ディスクプラウは主に畑で作物を耕して栽培するために使用されます。広い農地や荒地、砂地、高度に耕作された土地などに適しています。
1.3 メリットとデメリット
利点: ディスクプラウは土壌をより徹底的に耕すことができ、深い土壌層の処理に適しています。さまざまな陸上競技場の要件を満たし、さまざまな作物の植栽ニーズに適応できます。
短所: ディスクプラウの使用と操作には多くの技術スキルが必要であり、初心者にとっては困難です。ディスクハローに比べて設備コストが高く、農家の経済能力も限られています。



ディスクハロー

2.1 動作原理
ディスクハローは、直径約 20 ~ 36 cm のハローブレードのセットで構成され、これらのブレードは軸を介して互いに接続され、円形のハローディスクを形成します。ハローディスクの下には一組のスプリングが取り付けられており、ハローディスク全体を地面にしっかりとフィットさせてハローの歯を形成します。ハローが地面に接触すると、ハローの歯が地面の草、枝、その他の雑草を刈り取りながら、その後の作業のために土壌をほぐします。
2.2 利用範囲
ディスクハローは主に整地、整地、土のほぐし、土壌改良などに使用されます。庭園、花壇、野菜畑などの小規模な農地や園芸現場に適しています。
2.3 メリットとデメリット
利点: ディスクハローは操作が簡単で、土壌の選別とほぐし作業を迅速に完了できます。エネルギー消費が少なく、他の農業機械に比べて経済的です。
短所: スチール製のプラウと比較すると、ハローの歯はあまり鋭くないため、深い土壌をうまく処理できません。このデバイスは一部の小規模な会場にのみ適しています。



We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept