> ニュース > 会社ニュース

サテライトグレーダーの使い方と調整方法

2024-01-29


使用法:

1. 現地調査:着工前に現地調査を実施し、必要に応じて地形調査を実施する必要があります。同時に、現場の環境や工程を分析し、詳細な施工計画や安全対策を立てる必要があります。
2. 座標系の設定: 建設現場に入ったら、作業エリアの座標系を設定し、関連する座標パラメータを衛星グレーダーに入力する必要があります。
3. ブレードの操作:サテライトグレーダーを起動した後、オペレーターはブレードを制御して、建設要件に従って切断または充填、掘削作業を実行し、測定結果に基づいて調整する必要があります。材料や部位が異なれば、必要な操作方法やプロセスも異なることに注意してください。
4.リアルタイム監視:衛星グレーダーはリアルタイム監視機能をサポートしており、建設プロセス中の地盤の高さを監視してタイムリーに調整できます。

調整方法:

1. 座標系の設定: 設定エラーや大きな誤差を避けるために、座標系の設定は実際の状況に応じて実行する必要があります。
2. ナイフバーの調整:平坦性と効率を確保するために、地面の高さとナイフバーの状態に応じてナイフバーを調整する必要があります。
3. 現場管理: 現場管理の要件は厳格です。人員と設備は安全規則に従って操作および使用する必要があり、問題や異常にはタイムリーに対処する必要があります。
4.メンテナンス:サテライトグレーダーの保守・メンテナンスを定期的に実施し、装置の状態や性能を確保し、作業の効率と品質を向上させます。



We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept