> ニュース > 会社ニュース

サテライトグレーダーとレーザーグレーダーの違いは何ですか?

2024-01-29


1.動作原理:

衛星グレーダーは主に衛星技術とGPS測位システムを使用して、地形の高低差を把握し、整地作業を実行します。 レーザーグレーダーは、表面の高さの測定とレベリングを実現するために、レーザースキャン、レーザー制御、コンピューター制御などのテクノロジーに依存しています。

2. 適切なスプレー剤と比率を選択します。

1)衛星グレーダー:
利点: 衛星グレーダーは、GPS システムを通じてリアルタイムで地形情報を表示および更新できるため、効率的な整地作業が可能になります。大規模な陸上作業に適用でき、平坦性の要件が低い地面処理に適しています。
短所: 衛星信号の影響により、測位精度が制限されます。適用範囲は地域によって制限され、複雑で刻々と変化する地形環境に適応できない可能性があり、特定の状況では大量のエネルギーを消費します。
2) レーザーグレーダー:
利点: レーザーグレーダーは高度なレーザー制御とコンピューター技術を採用しており、高精度の測定能力と高速なランド処理という利点があり、プロセス全体がより正確かつ効率的になります。特に高精度を必要とする整地要件に適しています。
短所: レーザーグレーダーは、複雑な地形変形に対する地面処理効果が比較的劣ります。

3.該当するシーン:

サテライトグレーダーは大規模な整地に適しており、大規模な倉庫、港、空港、高速道路建設などのシナリオで一般的に使用されており、整地効率を効果的に向上させることができます。 レーザー グレードは、小規模な土地の建設、工業団地の道路や緑地帯の整地など、少量の工学的量、複雑な地形の傾斜変化、および整地に対する高度な要件がある状況に適しています。

一般に、サテライト グレーダーとレーザー グレーダーにはそれぞれ長所と短所があり、さまざまな整地作業シナリオに適しています。特定の用途では、実際の状況に応じて最適なレベリング効果を実現します。



We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept