> ニュース > 業界ニュース

レーザーグレーダーと比較したサテライトグレーダーの利点

2024-02-27

1.基準信号伝送距離、天候に影響されません。

通常のレーザー送信機の信号送信半径は約400メートルですが、衛星は衛星信号を平地上の基準信号として使用し、信号長が10〜20キロメートルの無線局を通じて送信します。また、強風、霧、粉塵の影響を受けません。

2. 平坦な地面で作業するプロセスでは、作業は大きな地形誤差によって制限されません。

従来のレーザーの動作は、レーザー送信機によって形成された平面を基準として依存していましたが、地形誤差が大きくなり、レーザー受信機が受信するレーザー信号の範囲を超えると、正常に動作できなくなります。衛星レベルは衛星を基準として使用するものであり、受信レベルには影響されず、標高差によって制限されません。また、衛星は地形を測量することにより、地形図上で地形の高低差を直接見ることができ、モニター上でどこが高く、どこが低いのかを知ることができ、作業効率の向上に役立ちます。

3. シンプルで使いやすいインターフェース。

サテライトグレーダーのデータや操作はすべてディスプレイ上で読み取って操作できるため、レーザーグレーダーの複雑な操作に比べて手間が大幅に軽減されます。

4. インストール、サービス、デバッグを簡素化します。

レーザーレベリングシステムの複雑な設置とデバッグに比べ、サテライトレベリングシステムはわずか1時間で完了します。

5. 後期メンテナンスの低コスト。

すべての部品は 1 年間保証されており、人為的でない場合は通常、直接交換されます。

We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept