> ニュース > 業界ニュース

干し草レーキの構造と設置について

2024-02-26

干し草レーキは、地面に散らばった草を草片に統合する草収穫機です。放牧の目的は、草を完全に乾燥させ、干し草の収集を容易にすることです。

そこで、干し草レーキの構造と設置方法を詳しくご紹介します。

1. 干し草熊手の構造:

ヘイレーキは主に、フレーム、左右のブラケット、ストレッチコンポーネント、左右のロッカーアーム、フィンガープレートフレーム、フィンガープレート、リフティングシリンダーで構成されています。

指板は通常、左右対称に配置されており、草をかき集めるために使用されます。フレームはレーキの本体であり、上部サスペンションシートと下部サスペンションピンがトラクターサスペンション装置に接続され、左右のロッカーアームが湾曲した調整プレートにヒンジで取り付けられています。アジャストプレートにはロッカーアームの角度を変更できる穴が多数あり、作業幅を調整できます。ロッカーアーム、メインブラケット、フィンガープレートブラケットはすべてボルトで接続されています。ギャップが大きいため、良好なコピー性能が得られます。

2. 干し草レーキの設置:

干し草熊手は工場出荷時に部品として梱包されているため、ユーザーが自分で組み立てる必要があります。取り付ける際は左右、前後を間違えないよう注意してください。インストール手順は次のとおりです。

1) フレームを地面に平らに置き、接続シャフトを使用して左右のロッカーアームをフレームに接続し、短いベンディングピンを湾曲調整プレートの 3 番目の穴に挿入し、スプリングピンを取り付けます。

2) フレームに伸縮コンポーネントを取り付け、安全ピンで固定し、プルロッドを左右のロッカーアームに接続し、伸縮調整プレートの 2 番目の穴にテンションスプリングのフックを掛け、割りピンを取り付けます。

3) ロッカーアームをメインブラケットに取り付け、長い曲げピンを挿入します。メインブラケットの曲げ方向が後方になるように注意してください。

4) メインブラケットに前後のフィンガートレイを取り付け、ボルトで固定し、各曲げビームの後方方向に注意してください。

5) 指板軸に左右の指板を別々に取り付けます。まず、指板シャフトに振幅板ワッシャーを置き、バターを塗ったベアリングを取り付け、指板と振幅板ワッシャーを取り付け、ロッキングプレートを取り付けてボルトで締め付けます。左のフィンガープレートは機械の左側に、右のフィンガープレートは機械の右側に取り付ける必要があります。逆さまに設置すると草を掴む効果が得られません。指板を取り付けた後、手で引っ張ると引っかかったりぶつかったりすることなく柔軟に回転します。

6) 2 本の長い曲げピンを取り外し、フレームを回転させ、長い曲げピンを挿入し、フレームを持ち上げ、サポート ロッドを取り付け、スプリング ピンを挿入します。


We use cookies to offer you a better browsing experience, analyze site traffic and personalize content. By using this site, you agree to our use of cookies. Privacy Policy
Reject Accept